MAXI HAWAIIAN JEWELRY -Locally made since 1996-

Story of Naupaka

There are two types of the Naupaka, one growing near the sea called Naupaka Kahakai, the other in the mountain is called Naupaka Kauihiwa. Each has the shape that appears to be half of a blossom and when placed together, they form a perfect flower.

The two types of flowers represent two lovers, Kahakai and Kauihiwa, forever separated by the vengeful wrath of the Volcano Goddess Pele (pronounced peh-le).
Both Naupaka plants exist today; one on the shore and the other up on the mountains, each blooming as half flowers.  It is said that the lovers can be reunited when the flower of the Naupaka Kuaihiwi and the Naupaka Kahakai are joined together after they have been picked.
なかなか見つけることのできない
ナウパカは悲恋の花とい言われますが
その心は アロハスピリットに通じるものがあります。
不思議な事に両方とも半分にちぎれたように咲く花、
海に咲く(Naupaka Kahakai)    山に咲く(Naupaka Kuahiwi)
があり 有名な伝説があります
" 男性と女性が恋に落ち、
2人は 火の女神ペレのジェラシーにより引き裂かれ、結ばれることがありませんでした。
男性は海へ、恋人の女性は山へ 
2人の化身として ナウパカの花は半分ずつ海と山に咲いています。
この2つの花びらを丸く合わせれば、 
魂が天国で結ばれて永遠に固く結ばれると言い伝えられている。  "